シドクリ通信

シドクリ通信第85号

【私宅監置の話】 『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』 という映画を見ました。日本精神衛生会と、きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)の40周年提携事業として制作されたドキュメンタリーです。席を予約して出かけた会場のミニシアターは満席で、何人かの精神科医の知人の姿も見かけました。 東京帝国大学の呉秀三(くれしゅうぞう)教授は、1901年に留学から帰国後、精神病者の私宅監置(自宅の一室や物置小屋の一角などに専用の部屋を作り、精神障害者を監置するいわゆる「座敷牢」のこと)を定める精神病者監護法を廃止し、患者を病院で見る精神衛生法の制定を目指しました。そのための実態調査を行い、その結果を1918年に『精神病者私宅監置ノ実況及び其統計的観察』として刊行しました。本年はこの本の刊行100周年に当たるため、呉秀三の足跡をたどり、精神医療の歴史を検証し、今後の精神医療・保健・福祉の発展に資するためにこの映画が製作されたのです。 映画では当時の精神医療の状況、とりわけ私宅監置について描かれています。精神障害者の処遇をめぐる問題は国のあり方を左右する重大なものですが、わが国の私宅監置は精神病への差別や偏見を象徴する存在として、1950年の精神衛生法施行によって禁止されました。 それから68年も経過したこの時代に、そんなことがいまだにあるのかとも思いますが、今でも私宅監置に関するニュースが時々流れるのです。本年4月7日には「兵庫県三田市監禁事件」の報道がありました。 -------------------------------------- 精神疾患の息子を20年以上監禁 虐待し

記事一覧

アーカイブ

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © 2017 Shido Clinic.