シドクリ通信

シドクリ通信第89号

【カジノとギャンブル依存症】 横浜市にカジノができるという噂があります。わが国は2016年12月にIR推進法ができましたが、横浜市はIR施設誘致に活発な自治体であると言われています。IRとはIntegrated Resort(統合型リゾート)の意味で、カジノを中心に宿泊施設、テーマパーク、商業施設などを一体的に整備するリゾートのことです。候補地に上がっている場所は再開発が予定されている山下埠頭。ここは羽田空港にも近く、国際的な雰囲気があって、カジノの誘致に適しているそうです。これに対して、神奈川県精神神経科診療所協会はカジノ誘致に反対意見を出しました。 私は元々カジノには興味がなく、ラスベガスにもマカオにも行ったことがありません。そもそもカジノは欧米人の社交の場として発展してきたので、日本人が行って楽しめる場所ではないと思います。日本人の場合、旅行の思い出にカジノを体験するレベルの話でしょう。世界のカジノをネット検索してみると、圧倒的にヨーロッパとアメリカに偏在しています。アジアのカジノはほとんどが観光カジノです。ですから、日本人が一度カジノをやると病みつきになって、ギャンブル依存症に発展していくという論理には無理があると思います。 しかし、パチンコ・スロットの場合は、すぐに病みつきになって、パチンコ・スロット依存症になってしまう人は沢山います。パチンコ・スロットは日常的なギャンブル、カジノは非日常的なギャンブルです。日常的なギャンブルを繰り返していれば、依存は一気に進みます。 ところで、IR施設として国が認めるのは僅か3か所程度のようです。それしかないということは、国内のIR

記事一覧

アーカイブ

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © 2017 Shido Clinic.