シドクリ通信

シドクリ通信第92号

【新型コロナウイルス】 新型コロナウイルス感染症に対し、今まで各国が取ってきた対策は、国境封鎖、在宅勤務、生活必需品などの買い物を除く外出制限、検査体制の強化、病床数の拡大などとなっています。一方、わが国が取っている対策は、政府要請による自粛(不要不急の外出自粛、全国一斉臨時休校)、専門家によるクラスター対策、厚労省・自治体・医師会による医療体制・隔離施設の確保などが上げられます。現在、感染症を扱っている病院は、患者数の増大や多発する院内感染で医療崩壊に瀕しています。4月7日には、法律に基づく「緊急事態宣言」が発出され、16日にはそれが全国に拡大されました。 日本も含め、各国が採用している行動制限は、コロナウイルスのパンデミック防止に効果があるのでしょうか?行動制限によって人々の交流を減らすと、一時的に感染拡大は抑えられるようです。しかし、行動制限を緩めれば、再び感染が拡大します。その一方で、行動制限は社会・経済活動に甚大な影響を及ぼします。また、不安や恐怖に駆られると人々はパニックに陥り、生活用品の買い占めに走ったりします。 とても厳しい状況ですが、精神科医としては、患者さんのメンタルヘルスの役に立つことを考えたいと思います。 精神科医の仕事は「人々の不安・恐怖を鎮めること」です。新型コロナウイルスに対しては、私たちは感染症の専門家の意見を聞きながら、患者さんの理解力に応じて噛み砕いて具体的に説明し、それに対する対策を指し示し、ひとりひとりの行動変容を促すことが必要です。患者さんの恐怖を鎮めることができれば、結果的に感染防止に役立つことにもなります。加えて、今後はコロナうつ、

記事一覧

アーカイブ

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © 2017 Shido Clinic.