シドクリ通信

シドクリ通信第81号

【ピアサポート文化を考える】 “発達障害当事者会フォーラム2017”に参加しました。会の趣旨を理解せぬまま、私の患者さんがパネリストとして登壇するというので行ってきたのです。王子の“北とぴあ”の会場は超満員で、200人近い参加者があったと思います。来賓として議員連盟の国会議員や厚労省の担当官、著名な精神科医が呼ばれ、メディア関係者の姿もあって、重要な集まりであることを理解しました。 第一部では大学の社会学、心理学、社会福祉の先生方が、「発達障害当時者同士の活動支援の在り方」について講演されました。休憩を挟んで第二部で「発達障害者同士の活動を考えるフォーラム」が開かれました。“Neccoカフェ”を初めとして、12の当事者団体のメンバーがパネリストとして壇上に並び、「当事者会を始めようとしたきっかけは?」とか「会で困っていることは?」などの質問に答えていきます。このやりとりから、当事者の抱える問題、当事者会の運営の実際がよく理解できたと思います。 発達障害といえば、私たちはASD(自閉スペクトラム症)、ADHD(注意欠如・多動症)、LD(学習障害)を思い浮かべますが、ここにはチック症の一種であるTS(トゥレット障害)やSS(きつ音〔症〕)の当時者会も参加していました。特にきつ音〔症〕の当事者団体である“東京言友会”は、発達障害者支援法にきつ音が含まれていることを理解してほしい、会には障害者認定への反対派もいて考え方の違いで組織が分断されていると切実な訴えをされていました。フォーラムも終盤を迎え、私は司会者から発言を求められたので、この会の感想も含めて少しお話しさせていただきました。

記事一覧

アーカイブ

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 © 2017 Shido Clinic.